お客様事例

No.001

ネットスーパーの即日配達で他店と差別化を実現。

生活協同組合連合会 コープネット事業連合様

導入製品・サービス

コープネット、ネットスーパー推進室についてうかがわせてください

コープネットでは現在ネットスーパーをコープみらいの2店舗で実験的におこなっています。もともとコープでは週一回の宅配を以前からおこなっているのですが、それとは異なりネットスーパーでは、店舗からの配達になります。

他社さまでもネットスーパーを始められていたので、事業としての展望などの調査・研究や、パートナーとなっていただけるシステム会社さまの調査などを2009年あたりからはじめ、2010年4月にarms(アームズ)ネットスーパー以外のシステムを利用しサービスをスタート*しました。

調査・研究においては、ネットスーパーは実店舗と異なり、インターネット上で利用し調査できるので様々なサービスを比較しました。主におこなったこととしては、どうすれば利用しやすいか・見やすいかなど、組合員の目線にたった研究を充分におこないサービスを開始しました。

*arms(アームズ)ネットスーパーは2014年7月よりご導入いただいております。

内山 希さま生活協同組合連合会
コープネット事業連合


課題や問題解決のためではなくチャレンジでサービスをスタートされたのですね

そうですね。 他社さまが先行する中、チャネルを増やし、宅配と店舗、そしてネットスーパーの相乗効果で組合員の暮らしに役立ちたいという視点で、まずはチャレンジしてみようということで始めたサービスになります。 また、週1回の宅配は既に完成された大きな仕組みなので、それをネットスーパーに変えることもできず、別のサービスとしてまずはミニマムで始めてみようという考えからスタートしました。

ミニマムでスタートとはいえ、宅配は週1回の配達で冷凍品が多く、ネットスーパーですとお店からの即日配達となるので、お刺身やお惣菜なども買い物ができる点で差別化できています。 また購入した商品が、当日の指定した配達時間帯に配達されるのも組合員にとっては便利だと思います。


arms(アームズ)ネットスーパーを選んでいただいた理由をお聞かせ願えますか?

画像データベースMdbが利用できることは大きかったと思います。ネットスーパーで使用する商品画像をこちらで用意する必要がないのは作業負荷の軽減になります。

サイバーリンクスのクラウドサービスが共同利用型の「シェアクラウド」ということで、時世の変化や、私たち利用ユーザの声を反映した無償バージョンアップをおこなっていただけるというのも魅力的でした。同業の方が同じ機能を利用し、それを良くしていくためにみんなで意見を出してさらに良いシステムにしていけたらと考えています。

また、導入されている企業さまが多数いらっしゃるので、信頼・安心できました。

arms(アームズ)ネットスーパーでは配送順序を設定できるため、配送の順番にそった梱包がスムーズにおこなえるのでもっと活用していきたいと考えています。

また、実際に自ら利用しないと判断できないこともあったのですが、他サービスでは無かったデモサイトが用意されていたので安心して導入できました。マニュアルや部分的なデモでなく、実作業を導入前に一通りおこなえたのは大変ありがたかったです。おかげで大変スムーズに導入できました。

他には最初にネットスーパーを立ち上げた際ですが、商品を選ぶのが一番大変でしたね。 私どもの店舗でも商品数が1万5千点ほどあるのですが、物理的にネットスーパーで販売できないもの、店舗ではそれほど売れなくてもネットスーパーでは売れるものなどもあると思うのでその選定が大変でした。 また、特に生鮮品などについては今まで経験のなかったことなので、ネットスーパーで販売できる商品の選定には苦労しました。



arms(アームズ)ネットスーパーを導入されてからの購買数の変化や評判はいかがでしたか?

導入して3年目ぐらいまでは施策などをおこなわなくてもどんどん伸びていきました。 販売構成比でいいますとネットスーパーでは実店舗と異なり、お酒やお米など重量のある商品の構成比が高くなっています。

また、購買層の中心となる年代が30〜40代というのも特徴的だと思います。ただ、私どもでは他社さまのネットスーパーと比較しご高齢の方も多いのが特徴ですね。これは以前より電話での受注をおこなっていたのでその影響もあると思いますがarms(アームズ)ネットスーパーの電話受注代行登録機能により組合員、オペレーターの負荷が下がったと思います。

組合員に評判がいい機能としてはスマートフォンからの購入ができることです。私どものケースですと、おおよそ16〜17%の組合員がスマートフォン経由でご購入されています。

以前利用していたネットスーパーのシステムには電話受注代行登録機能、スマートフォン対応の機能が無かったので、arms(アームズ)ネットスーパーに変更し組合員、スタッフの利便性の向上につながったと感じています。

今後の展開などについてお聞かせください

組合員からネットスーパー対応店舗を増やしてほしいとのご要望をたくさんいただいているので採算、店舗の作業負荷など見据えて拡大していきたいと考えています。


生活協同組合連合会
コープネット事業連合の皆さま
ご協力ありがとうございました。