POS / ID-POS分析サービス arms Shopper’s Sight

arms Shopper’s Sightは、巨大なID-POSデータを、具体的な業務に適用(特に既存業務の変革)する為のID-POS分析プラットフォームです。

1

ID-POS分析の本筋を行く

2

ID-POS協働研究フォーラムからのフィードバック

3

ユニークなオプションサービス

arms Shopper’s Sight概要

arms Shopper’s Sightは、顧客ランク分析、併買分析、ブランドスイッチ、地図Web-API連動(オプション)等の 一般的ID-POS分析機能を備えつつ、メーカー・取引先へのID-POS開示迄をカバーしたシェアクラウドサービスです。
シェアクラウドである事から、大規模分散並列処理基盤を安価に使えるだけで無く、ID-POS協働研究フォーラムからのフィードバックが、無償エンハンスで提供されて行きます。

arms Shopper’s Sight特徴

ID-POS分析の本筋を行く

ID-POSによる政策のコアは、
1)ID数自体を増やす(=顧客を産む) か、
2)頻度を上げる(=顧客を育てる) かの二つの政策にあります。
その為には、
1)滅多に買わない人の多くが引っ掛かったSKUや、
2)頻度が高い人が買っているSKUとその周辺SKU 等をキーとし、具体的な政策(チラシ、エンド、定番、POP)に落とし込んで行く必要があります。
ID-POS分析と言うと、年代/性別といった属性や、外部データに目が行き勝ちですが、これらは政策の精度を高めるだけです。
arms Shopper’s Sightは顧客の購買行動そのもの、データインサイトに主眼を置いた本筋のID-POS分析を提供します。

MD評価表:顧客(商品)

ID-POS協働研究フォーラムからのフィードバック

arms Shopper’s Sightは、サイバーリンクスが主宰する「ID-POS協働研究フォーラム」での研究成果、実証実験結果に基づき開発されています。
ともすれば“飛び道具”に見られ、投資対効果に疑問符が付けられるID-POSですが、顧客の購買行動は“科学”であり、流通業の既存業務を大幅に革新する筈です。
フィードバック第一弾であるID棚割・ID品揃えオプション「Tapir」を皮切りに、今後も研究成果をシェアクラウドを通じて、流通に携わる皆様に還元して参ります。

ユニークなオプションサービス

ID棚割・ID品揃えオプション「Tapir」の他、技研商事インターナショナル株式会社様提供の「居住者プロファイリングデータ」を用いた集計や、オンデマンドの顧客-商圏分析機能である「r4b®WEBサービス」とのAPI連携等ユニークなオプションサービス群。
 今後もシェアクラウドならではのマッシュアップ、オプション提供を進めて行く予定です。

r4b®WEBサービスの一例 居住者プロファイリングマップ

arms Shopper’s Sight機能紹介

arms Shopper’s Sight メニュー画面

分析1(一般的なID-POS分析)

年代構成(分類/商品)
・リピート
・トライアルリピート
・ブランドスイッチ
・プライスライン
・年代別ベスト

分析2(併買関連)

・期間併買(分類/商品)
・バスケット(分類/商品)
・クロスセル(期間併売/同時併買)

分析3(非会員を含む実績及びフォーラムフィードバック機能)

・分類売上集計
・店舗売上集計
・期間売上推移(分類/商品)
・MD評価表:顧客(分類/商品)

顧客

・顧客ランク分析

顧客ランク分析 顧客ランク変動表

オプション

・ID棚割・ID品揃え「Tapir
顧客プロファイル(分類/商品)
r4b®WEBサービス