2016年5月25日

協働MDシステム① SEILプロダクト/SEIL推進部

みなさんこんにちは、SEIL推進部の守屋です。
SEIL推進部2シーズン目という事で、今回からは私、守屋から情報発信をさせて頂きます。
第1回の時に紹介しましたSEILプロダクト3本柱

1.「SEIL MD Go!」      POS販売分析システム
2.「SEIL LINK」           「製・配・販」を結ぶ「協働MDシステム」→ココ。
3.「SEIL Shopper’s Sight」    ID-POS販売分析システム

のうちの2番目のお話になります。
                                                         SEIL2

☆協働MDシステム・・・POS情報開示システムの事です。
協働とは文字通り、複数の企業がある目的を共有しともに力を合わせて活動をする事です。弊社の「SEIL LINK」はまさにこの協働MDを実践する為のPOS情報開示のシステムとなります。小売業様、メーカー様、卸様が一体となり、日々変化していくPOS情報=お客様の声に耳を傾け、お客様に満足して頂ける売場を協働で作り上げていく、という活動の手助けをするシステムなのです。

SEIL画像1
さて、既に一般化しているPOS情報開示ではありますが、過去に遡りますと米国ウォルマートが1987年にP&G社と提携してQR(Quick Response)(←なつかしい響きです。)の先駆例を実現しています。これは店毎のPOSデータをメーカーに開示して、商品の売れ行きをチェックし、自動補充するシステムでした。小売側は店舗での欠品率を大幅に低減させることが可能となり、さらにメーカー側も在庫の削減に繋がり、卸値を下げることができました。結果、価格競争力をつけ、お客様にも喜ばれるというモデルにつながりました。みなさんご存じの「リテールリンク」という情報システム構築を実現していたのです。もともとアメリカという国土の広さと、そこに携わるサプライヤーの人数を考えるとこの情報システムの構築は必然だったのでしょう。

さて、話は戻りますが、冒頭の「協働MDの実践」とはどういう活動でしょうか?市場データと比較して提案・・・、膨大な過去のデータと比較して・・・などなど、大変な話になりそうです。でも安心して下さい! 弊社ユーザ様の事例で一番シンプルで効果が出ているのは、「欠品」を失くす事!&売れているものを当たり前に売る事!なのです。当たり前の事ですよね。でも日々の業務が多忙を極めている小売業の皆様にとってこの「抜け、漏れ」のチェックがなかなかできないというのが現実かと思います。そこで、協働です。メーカー様や卸様の多くの目でこの「抜け、漏れ」を発見、売場をチェックし、今まで取り戻す事ができないとされていた利益を取りこぼさない様にする事ができるのです!

「SEIL LINK」の分析画面を見てみましょう!

<画面1>
SEILがぞう                                           

<画面2>
SEILグラフ2

全店舗で上り調子で良く売れている商品。なかなかよいぞ。→あれ!店舗別に見たら、2店舗だけ先月より売上が落ちているぞ!

①小売業様:いつも好調なこの2店舗がなぜ?

②メーカー様:この2店舗も他の店舗と同様に売れていれば・・・。

③お客様:欲しかった商品なのに、売っていないから買えなかった!
     他で買っちゃった。←これはまずい・・・。

という事が結構ある様です。これは欠品ですね。発注の問題?、配送タイミングの問題?、バックヤードには置いてあった?メーカーから回ってこなかった・・・。などなど原因があるはずです。この「気付き」が非常に大切なのです。原因が分かれば、対策が打てますよね。この様に簡単で、毎日継続してできる事から始める事が大事です。

☆終わりに
協働MDというと、少々大ごとに聞こえますが、実際には毎日天気予報を見る様にPOSデータを見て、「気づいた事を情報共有していく」という取り組みがスタートできれば良いと考えています。一回この取り組みの形ができれば、そこは皆様プロフェッショナルです! 活用がどんどん加速し、様々なアイディアが出てくるでしょう。協働MDは本当にWIN-WIN-WINになる取組です。

さて、今回はここまでとなりますが、次回は弊社「SEIL LINK」についてもう少々詳しく説明させて頂き、第3回目ではいよいよユーザ様の事例などをお話したいと思います。

最後に静岡おいしいもの紹介です。今回は桜えびです。桜えびは駿河湾及び、東京湾、相模灘に分布しているのですが、漁獲対象となっているのは我が「駿河湾」のみ!となっています。フワッと揚げた桜エビのてんぷらそばのお店もおすすめです。という事でぜひ静岡にお越しの際は、桜エビをお召し上がりくださいませ!ちなみに桜エビの「ヒゲ」は体長3cmに対して3倍の長さがあるとの事。ずいぶん長いのですね。